アートの島で
みせる 魅せられる

作家とファンをつなぐ場所 ~Naoshima Gallery~

ギャラリーのご紹介

瀬戸内の小さな島のひとつ、直島。人口3000人ほどの小さな島であるにもかかわらず、アートに関心の高いお客様が国内・海外を問わず多く来島します。この島でご自分の作品を展示してみたいアーティストの皆さま、ワークショップなどを通してお客様と直に触れ合ってみたい方々、ここ「直島」からあなたの作品を発信してみませんか。

直島ギャラリーには、宿泊機能を備えた2階建て6部屋の古民家を1棟まるごと借りられる【本村ギャラリー】と、1日単位で気軽にご利用いただけるミニギャラリー【宮浦ギャラリー】の2つがございます。ご利用者様の展示規模に応じてお選びいただけます。
 

本村ギャラリー

本村港バス停から0分!海の前の2階建て古民家です。1棟まるごと利用できるので、島に滞在しながらの作品制作やグループ展にも向いています。

「建築工房おおやま」の大山貴史さんがオーナーを務める本村ギャラリーは宿泊設備も備えています。「建築工房おおやま」は、有名建築家による数々の直島の建築作品も手掛ける、地元の老舗工務店です。 長期のご利用も可能で、島で暮らし、インスピレーションを得ながら作品制作に打ち込むことができます。

 

宮浦ギャラリー

直島の玄関口・宮浦港から徒歩6分。住宅地の一角にあるこじんまりとした空間です。明るく大きな展示窓が道ゆくお客様の目をひきます。

オーナーの佐々木夫妻による手描きの絵地図看板と、草木染め染織家・加納容子さんのオリジナル暖簾が目印です。オーナーのアクセサリー工房を兼ねており、ギャラリーのご利用がない時は、アトリエ「Petit Favori(プチファボリ)」として、不定期で展示販売・ワークショップなどを開いています。